【ダイヤのA ネタバレ】奥村が2軍に昇格!紅白戦が終わった後

0

daiya59_1

4月28日、紅白戦が終わった後の通学風景。
麻生と関と中田が一緒に歩いている。

関「え?一軍合流?いつから。」

麻生「何他人事のように言ってんだよ。3人合流するって事はいずれ3人弾かれるってことだろうが。
笑ってられる立場かよ、俺達・・・・」

 

話題は先日の紅白戦の結果で2軍や1軍に合流するメンバーが出てきたことだ。

今まで合流していなかったメンバーが合流するということは、既存のメンバーが弾かれることを意味する。

 
紅白戦では将司の打席が描写される。相変わらず見事な空振りだ。
ギャラリー「はははすげえ・・・みてて気持ちいいスイング・・・けど当たらなきゃ・・・」

いつも通りだが、スイングが豪快で弾を捉えきれていない。しかしー

右中間を割る打球を放つ。
そして、次の打者は由井だ。由井も打ってこの回2点を獲得した1年チーム。
ギャラリー「今年は1年に選手集まったってよく聞くけど、やっぱあの二人は格別だ・・・
春からベンチに入れたのものわかる。」

 

麻生「だからって負けるわけにはいかねぇだろうが。負けるわけには。」
(ああ・・・だせえ・・・先輩の意地・・こんなカッコ悪い言葉他にねえよな・・
見栄だろうが虚勢だろうが、やっぱそう簡単に背番号後輩に奪われたくねえし、譲りたくもねえ。
あーまじでイケてねぇな俺・・・こんなくだらないこと考えなくていいくらい野球が上手けりゃよかったのに・・・)

daiya59_2

そして、紅白戦が終わった後、3年生の教室では御幸がなにやらスケジュールを見て悩んでいる。

「お前5月末から東京選抜でチーム離れるんだろ?
バッティング間のリズムもあるだろうし大丈夫なのか?」
御幸「離れるって言っても3日だけだよ。」
「本当かよ。」
御幸「東京選抜自体新しい試みだから今年はお試しみたいなものだって・・・
むこう(アメリカ)のチーム招待する都合でこの時期になったようだし、さすがに来年からは秋になるってさ。それにしてもやるべきことが多すぎる・・・降谷も沢村も自分からいろいろ考え始めているからな・・・今だから教えられることもあるし。でもやっぱバランスだな。与えすぎて頭ガチガチになられても困るし。この辺の塩梅が一番難しい・・・」
「・・・よく喋るな・・・お前・・・」

御幸「そうか?」

「ま・・・考えすぎが良くないってのはわかる・・特に降谷なんて今そんな状態だろ。」

 
御幸「そうなんだよ。その辺は監督もコーチも気にしてることだよな。俺がいる間に沢村のナンバーズも完成させてやりたいし、考えてることは色々ある。正直いくら時間があっても足りねーよ・・・」
一方の沢村と降谷は御幸から借りた本をシェアして読んでいる。

 

じゃんけんで降谷が先に読むことに決まったのにもかかわらず、覗き込む沢村。
しかし、降谷がページめくるのが早いと沢村が文句を言う。
それを遠巻きに見ている女子
「この二人ライバルなんでしょ?」
「仲良しか!」
春乃「最近よくバッテリー組で集まってるみたい。」

 

そして、教室にいる金丸は少し考え事をしている様子だ。
「あのヤロ・・・」
紅白戦の後、高津に声をかけた金丸。
金丸「監督の前でこれだけアピールできたんだ。一軍合流あるかもな?」
高津「うるせーな。」
金丸「え?」
高津「先に一軍にいるからって先輩面かよ。」
金丸「なんだよそれ・・・おい待てよ!!

そのよすを見ていた東条が話しかける。
東条「相変わらず仲悪いね・・・」
金丸「今のは俺悪くねえだろ。」
東条「表情がムカついたとか?信二って無自覚に敵を作るタイプだから。」

金丸(くそっ!高津がずっと努力してたのは知ってたから、素直に言ってやろうと思っただけなのに・・・無自覚に・・・敵・・・そうなのか・・・東条・・・)

 

一方の高津側。
高津が窓際の席で遠くを見ている。
そこに岡達がやってくる。

「お~、一軍に合流したヤツは絵になるねぇ。」
「遠く見ちゃってかっこいー。」

高津「なんだお前ら・・何しに・・」

daiya59_3

メンバーが祝福に来てくれたのだ。
高津「ああ・・・死ぬほど暴れ回って来てやるよ・・」

 

一方の奥村。奥村は一人ポツンと席に座っている。
周囲はヒソヒソと奥村について話している。
女子(奥村君ってどんな本読むんだろ・・・)
(奥村君ってどんな食物好むんだろ。)
(奥村君ってハーフなの?)
男子(奥村ってゲームのキャラみてぇだな。)

 

奥村は紅白戦の後のことを思い返していた。
紅白戦の後に全部員を前に監督からの話しがあった。
落合「やはりまだ身体が出来ていないものが多いな。まずは焦らず土台作りに励んでほしい。
それを踏まえたうえで、4名を二軍を合流させる・・・九鬼、加賀美、瀬戸、奥村。
お前たちは二軍の練習に参加し、練習試合で経験を積んで来い。」

最上(おかしいこれはなにかの陰謀だ俺が選ばれないなんて)
浅田は下を向いている。

監督「以上、解散。」
daiya59_4

奥村(二軍・・・)
奥村は自ら沢村に宣言した
「必ず一軍に上がってみせます。」
という言葉を思い出し結果に満足していないようだ。

 

さらに同部屋での御幸とのやり取りを思い出す。
御幸「紅白戦で活躍したって?二軍に合流できて良かったな。試合は楽しいぞ~」
奥村(時間がない・・)

daiya59_5

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画アプリで、『MAJOR』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

Share.

Comments are closed.