【ハンターハンター ネタバレ】とうとう連載再開!久しぶりのH×Hだ! | GEEKSAKABA

【ハンターハンター ネタバレ】とうとう連載再開!久しぶりのH×Hだ!

漫画【ハンターハンター】350話 ネタバレ記事

漫画【ハンターハンター】あらすじ ※ネタバレあり

クラピカのもとには暗黒大陸へ同行する仲間たちが集まっている。

その顔ぶれは見知った顔だ。

クラピカ「6人の王子の中に標的がいない可能性も0ではないし、いなくても王子に近づける可能性に変わりはない。そこでそれぞれの王子の警護に侵入してもらう」

今回、クラピカが依頼したのは各面々だ。

hunter350-2

イズナビやバショウ、センリツなどは見知った顔だが、ビスケはキルア経由で依頼したらしい。

クラピカが望むのは第4王子をできるだけ近くで見るための有益情報を手に入れることだ。

クラピカ「極端な話し、第4王子と握手できれば君達は乗船をキャンセルしても構わない。」

これにビスケが食いついてくる。

ビスケ「ちょっとお待ち!そのキャンセルは警護のことであなた(クラピカ)の依頼のことではないわよね?」

ビスケは自分が依頼を受ける前にクラピカの目的が達成された場合、その依頼自体がキャンセルになるのを危惧しているらしい。

キャンセルしてしまえば労力が水の泡になる。

ビスケ「成功した時の報酬はきっちり貰うわよ?」

クラピカ「もちろんそれで結構だ。普通の理解力があれば確認不要だと思うが?」

これにはビスケもカチンときた様子。さっそくクラピカに食ってかかる。

ビスケ「あんたねぇ!自分をどう思っているか知らないけど信用できませんから!!」

クラピカ「初対面で過剰に猫を被るような人間には言われたくないな!」

さっそくクラピカとビスケが険悪な雰囲気に・・・

クラピカはキルアとの会話を思い出していた。

キルア「おめーの事だからビスケとは揉めるだろうけど、簡単に上手く付き合えるコツを教えておく。俺は分かっててもキモくてさ無理だったけどさ。キモいけどやれるようだったらやっておいた方がいいよ。ほんとキモいけど!」

しばし考え込むクラピカ。

クラピカ(仲間を取り戻すためなら・・・)

クラピカ「キルアの紹介でなければ!君のような華奢で!はかなげな!少女を!雇うことなどしなかっただろう!君は警護よりもお姫様の方がよほどお似合いだ キャンセルするなら今のうちだぞ!」

hunter350-3

ビスケ「・・・はい!なんでもやります!!」

話しがまとまった所でそれぞれが各王子の兵隊募集に応募する。

各王子の募集要項には王子間の取り決めで、王子の名前は伏せられることになる。

これは王子の名前を公表してしまえば、暗殺を企てる者がいたり、力や財力のある王子への募集が殺到し力を持たない王子が不利になるからだ。

今回の暗黒大陸への冒険は、カキン王国の次期国王の座をかけた戦いだ。

そして、クラピカが連絡を取った王子の正体は第14王子のワブル王子だった。

当てが外れて驚くクラピカ。

オイト「初めまして、ワブルと母のオイトです。」

クラピカ「・・・クラピカと申します。」

ターゲットである第四王子に近づけなかった落胆を見透かされたのかオイトが指摘する。

オイト「どうやら失望させてしまったようですね」

クラピカ「!いえ、決してそのようなことは・・・」

心の内を見透かされ狼狽するクラピカ。しかし、オイトはそういう人間の方が信用できると言う。

今回の暗黒大陸はどの王子が最後まで生き残るかのサバイバルだ。

無事に生還した王子が次期国王の座を約束される。

そしてオイトは母としての思いをクラピカに打ち明ける。

オイト「愚かな私は貧しい家の出身で・・・国王に見初められた時には正妻の座を強く望みました。でもワブルが生まれ今回の運命を知り、心底後悔し何が大切か気づいたのです。」

そう言って涙を流すオイト。クラピカもそんなオイトの様子を見て思うところがあるようだ。

hunter350-1

そして、他のメンバーも無事に試験をパスしていた。

イズナビ→第6王子(タイソン)

ビスケ→第13王子(マラヤーム)

バショウ→第7王子(ルズールス)

センリツ→第10王子(カチョウ))

ハンゾー→第12王子(モモゼ)

漫画【ハンターハンター】感想と考察

漫画ハンターハンターのネタバレ記事です。

とうとう連載が開始されました。クラピカの依頼により懐かしい面々が集まっていますね。

個人的にはハンゾーの念能力が気になります。やっぱり忍者絡みの能力なのでしょうか?

暗黒大陸編ではどんなメンバーが参戦するのかな?と思っていましたが、けっこうなメンバーが参加してきてますね。続きが楽しみです。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『MAJOR』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『あずみ』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール