【食戟のソーマ ネタバレ】葉山との対決!ソーマが作った料理の評価は?

0

葉山との料理対決が開始された。奇しくもお互いが熊肉に選んだ調理法は揚げ物。
そして、ソーマが先に調理を仕上げていく。

 

漫画【食戟のソーマ】187話 ネタバレ記事

漫画【食戟のソーマ】あらすじ ※ネタバレあり

熊肉のメンチカツを完成させ、先に皿を出した創真。

soma187-1

シーラ「うわぁぁっベルタぁ、あの人意外とテクニシャンかも!」

ベルタ「そうねシーラ!カラリと揚がってて必須脂肪酸の輝きで視神経が喜んでるよぉ」

独特な表現でソーマの一皿を評価する姉妹。

ソーマ「おうっ!葉山の分は食う直前に揚げてやるからよー!手が空いたら声かけろよ!な!」

葉山「ほんとに人の話聞かねぇ野郎だな・・・いらねぇっての」

久我「幸平ちん、これが完成品なんだね」

ソーマ「うす!そうっす!試作品の熊肉ハンバーグをベースに改良を重ねて、衣をまとわせメンチカツへと変身させました。これが今、俺の創れる熊肉を最高に美味しくする一皿っす!」

堂島「では宗衛殿、ベルタ・シーラ殿、さっそく実食を!」

さっそく実食に入っていく審査員たち。熊肉の風味をそのまま衣に閉じ込めるという半ば賭けのような一皿だが、果たしてうまくいっているのか・・・

宗衛「うむ」

 

ベルタとシーラ「(熱々を今すぐ味わいたい!でも中身が果てしなく臭い事になってたらどうしよう)」

シーラ「私、躊躇しちゃうよベルタぁ…」

ベルタ「う、うん私もよシーラ」

宗衛「幸平創真。紙ナプキンをもらえるか」

ソーマ「!」

ベルタとシータ「な、ナッサン!?まさか」

部員達「おぉ!!手掴みでかぶりつくおつもりか!」

「お、男らしい!」

宗衛「無作法か?」

ソーマ「いえいえーメンチカツの食い方はそうでなきゃ!わかってますねぇ・・・思いきりガブリとイッちゃって下さいよ」

soma187-2

メンチカツにかぶりつく宗衛。宗衛の様子を見て姉妹も後に続く。

 

 

部員達「(どうだ、どうなんだ!?賭けの行方は!?)」

ソーマの賭けは良い方向に動いたようだ。

シーラ「ふぁあ〜!!」

ベルタ「な、何これ!?美味しいよぉ〜!!」

 

シーラ「こんなのコクの往復ビンタだよぉ!でも獣臭さは全然出てない!」

宗衛「全くその通り・・・美味しさと不味さとの塩梅ギリギリだ。しかも彼は我々の想像を遥かに越える危険な博打に挑んでいたぞ」

部員達「え!?」

「ど、どういう意味ですか!?薙切宗衛殿!」

宗衛「幸平創真、君は熊の骨に近い部位の肉を怖れる事なくふんだんに使用したな?」

宗衛の質問を受けてニヤリとするソーマ。これには堂島も合点がいった様子。

堂島「動物の肉というのは骨に近い部分ほど強い獣臭さを放つ!脊髄・骨髄といった生物の枢要部に近い事が理由だと考えられている。そして、その傾向は野生味あふれるジビエの場合、更に強まるのだ!つまり幸平は熊肉の中で最も匂いを放つ肉をあのメンチカツにぶち込んだ。臭みの出ない極限を見極め、常人ならば踏みとどまるラインを軽々と飛び越えて!!」

ベルタ「うそでしょ?一歩間違えば衣の中が獣臭さで台無しになるのに、なんでそこまで無茶を」

ソーマ「やー、そんくらい無茶でもしなきゃ葉山にゃ勝てねーから。確かに匂いの少ない肉だけを使えばリスクは減らせるけど匂いの強さは旨さに直結する潜在的なパワーだからな!トーゼン捨て身で飛び込むでしょ!そこに美味くなる可能性があるならな。それに試作用の熊肉はたくさん用意できたんで今日まで延々試し続けられたのがデカイっす。おまけにメンチカツなら実家の定食屋でも作ってたんで調理の勘所は経験で掴んでましたからね」

ソーマの口から出た「定食屋」という単語に反応するベルタ。

ベルタ「ひょっとしてこの人、秋の選抜でアリスお姉ちゃんを負かした人ー!?」

ソーマ「おぉ、あいつの事知ってたんだな」

シーラ「(まさか、この人が!私達2人はレオノーラさんにスカウトされて薙切インターナショナルのラボに入った。アリスお姉ちゃんが日本へ行くまでは毎日一緒に研究したりリョウくんで遊んだりしていたのよ。あんな凄い人が同い年の子に負けるなんて信じられなかった)」

その事実に気づき内緒話しを始める2人。

soma187-3

シーラ「ねぇベルタ。あの人、何だか野暮ったい感じかと思ってたけど」

ベルタ「うん、実は違ったみたいだねシーラ」

 

急にソーマへの態度が変わる姉妹。

 

ベルタ「あ、あのねソーマさん。私ね、ベルタっていうの。それでね、この子はシーラだよ」

ソーマ「え、おう。知ってるけど、さっき聞いたし」

シーラ「これ私たちが書いた論文なの。よかったら、読んでくれませんか?」

久我「(さん?さん付け?俺は照紀ちゃんだったのに!)」

さっそく姉妹からもらった論文を読むソーマ。

ソーマ「一行目からわからん・・・」

宗衛「(幸平創真が狙ったのはそれだけではない 彼はロースやバラ・モモ肉など熊肉の異なる部位をあわせミンチにした。その事がメンチカツ内部の風味の強弱を更に強め、旨みのグラデーションを作り出す事に成功している!!)」

ソーマの料理に対して宗衛はおはだけで応える。

soma187-4

堂島「おはだけを継ぎし者も幸平の品を認めたようだぞ!」

ソーマ「おしっ!」

ソーマ自身も手応えを感じているようだ。

部員達「うおおお!!すごい!すごいぞぉ!!」

「さすがは幸平殿だ!この勝負決まったぞ!!」

久我「ふっふっふ・・・ワシは信じていたぞよ。流石じゃのう幸平創真よ!幸平ちん?」

はしゃぐ部員と久我とは対照的にソーマの顔色は優れない。

ソーマ「や・・・どーっすかね」

葉山「お待たせしました、最高の熊肉料理でございます」

soma187-5

葉山が蓋を開けると一同は騒然とする。

ソーマ「この勝負、どうなるかわかんねーっすよ」

漫画【食戟のソーマ】感想と考察

漫画のネタバレ記事です。

今回の対決では先にソーマからの料理提供となりました。

先に料理を出す方が負けるイメージがありますが、果たしてどうなることか・・・

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画アプリで、『MAJOR』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

Share.

Leave A Reply