toriko379-4

グルメ漫画「トリコ」の主要人物でもある小松についての情報まとめです。

トリコのパートナーとして、また最終話ではGODを調理する者として獅子奮迅の活躍を見せてくれます。

連載初期の頃は頼りない人物でしたが、話しが進むにつれてその実力を発揮。トリコの相棒になるなど、その才能をいかんなく発揮していきます。

 

小松の概要

漫画トリコの準主役級とも言える人物。トリコの相棒。トリコとは後述するオゾン草編で正式にコンビを組むことになる。

後半ではあまり出演機会はなくなってしまったが、アイスヘル編で仲間になったウォールペンギンのユンがパートナー。

実はウォールペンギンのユンの涎は小松の知名度を一気に上げたセンチュリースープの重要食材の一つだ。

小松の年齢は23歳と若く、実はトリコと同年齢である。調理学校時代からの戦友である、松竹梅コンビはGODを調理した伝説のシェフとして最終話で有名人扱いになっている描写もある。

 

その小松の一番の武器はなんと言っても「食運」

この類稀なるスキルで超難関と言われる食材を何度も調理してきて仲間の窮地を救った。

 

小松とトリコの出会い

小松とトリコの出会いは漫画トリコの第1話目に遡る。

小松がシェフを務めるホテルグルメでパーティーが開催されることになり、そこでメイン料理のガララワニの捕獲をトリコに頼んだのがキッカケだ。

通常、美食家には依頼をするだけなのだが小松はこの時にハンティングへの同行に志願。トリコと一緒にバロン諸島へ向かうことになる。

その時に小松はトリコの捕獲に対する信念や食に対するこだわりを垣間見ることになる。

以降、なにかと機会を見つけてはトリコと一緒に食材捕獲の旅に出ることになる。

 

フグ鯨編で才能の片鱗を見せる

その後、虹の実の捕獲などに同行する小松だが、その料理人としての才能の片鱗を見せたのはフグ鯨編。

小松は毒抜き調理が難しいとされるフグ鯨の調理を見事やってのけた。

 

 

オゾン草編でトリコと正式にパートナーを組むことに

IGO会長の依頼でオゾン草を捕獲することに。実はこの時、会長である一龍はあるトリコと小松がパートナーを組むキッカケとなるようオゾン草の依頼をしたことが判明。

オゾン草は特殊調理食材で、2人の息が合って初めて捕獲できるのだ。

この時も、小松の食運が大いに発揮されオゾン草を無事に捕獲することになる。

この時にトリコの口から正式に小松とのコンビが打診され小松は快諾することになる。

 

なお、この時にブルーニトロとも初めて遭遇している。

 

小松のグルメ細胞の悪魔は?

話しが後半に差し掛かってくると小松にもグルメ細胞の悪魔が宿っていることが判明する。

ピンチの時に現れ、超高速で調理を仕上げる描写もある。

グルメ細胞の悪魔の他に、小松を導く存在もいる。それはアカシアのパートナーでもあったフローゼだ。

フローゼは幾度となく小松を導き、フローゼが持っていたグルメ細胞の悪魔が小松の中に宿っている。

 

GODの調理を成功させた小松

最終回付近では松竹梅コンビでGODの調理を成功させている。以降、この3人はGODを調理した料理人として伝説のシェフとまで言われるようになるが、その中心となったのは小松だ。

最終回でリンとトリコの結婚式があるが、この時にフルコースを調理したのももちろん小松だ。

なお、小松の恋愛事情で二代目メルクと発展しそうなフラグも立っていたが、最終回でもこれについての言及はなかった。